先日は、明徳義塾中学校・高等学校によるワークショップと、

須崎高校の「まちかどカフェ」、

また、近隣では「すさき健康まつり」が開催されており

とても賑やかな休日となりました。

 

 

 

明徳義塾中学校・高等学校の美術部展

「十人十色」は今月21日まで開催しています

 

 

展覧会をもっと身近に感じてもらうために

生徒さんの紹介をしていきたいと思います!

 

 

5/14のワークショップに来ていて、

紹介の了承をいだだいた生徒さんたちを紹介していきます。

 

 

 

 

【名前】浅野 佐和(あさの さわ)さん

【タイトル】未完成な空想世界

【自己紹介】今年は部長をやらさせていただいてます。よろしくお願いします。

【作品について教えてください!】

今回初めて小さい絵を4枚使って描いたのですが、

バランスを特に意識して描いたので、そこを見てもらえるとうれしいです。

 

 

 

まちかどギャラリーの入って、まず出迎えてくれるのが浅野さんの作品です。

4枚の絵で構成されています。

遠目からのインパクトもありますが

ぜひ、近づいて見てください!

細部までとっても細かく丁寧に描かれているんですよ!

 

 

 

 

 

【名前】池澄 香音(いけずみ かのん)さん

【タイトル】世間底

【自己紹介】ネコが大好き♡

【作品について教えてください!】

一番見ていただきたいのはハンコです!!

全部、自分で作ったので細かい線など頑張りました。

 

 

池澄さんの作品は、まちかどギャラリーの和室に展示しています。

繊細な線で描かれている部分は全て手作りのハンコ!!

丁寧に彫られているので見入ってしまいます。

よく見ると白い羽が舞っていますよ。

 

 

 

 

 

 

【名前】土屋 ひな(つちや ひな)

【タイトル】残光の底に眠る

【自己紹介】明徳義塾の6年中国語コースに所属している土屋です。よろしくお願いします。

【作品について教えてください!】

記憶に残っている目に見えるものと

目に見えない物をどうにか表現したくて、思考錯誤しました。

好きなもの、思い出ばかりなので、描いていてとても楽しかったです!

 

 

 

土屋さんの作品も和室の中に展示しています。

見ていると、土屋さんの楽しい気持ちが伝わってくるようです。

きっと、良い思い出がいっぱい詰まっている作品だからでしょうね。

明るい気持ちにさせてくれます。

 

 

このブログを書いた人

大野 順子
大野 順子
須崎生まれの須崎育ち。
アートと、鳥と、あま~いお菓子がだいすき♪
約10年間、あま~いお菓子に携わる仕事をした後に、アートに関連するすさきまちかどギャラリーへ。
アートの魅力と、須崎の魅力をお届けしていきます!