こんにちは。

スタッフのさっちゃんです。

 

 

 

 

突然ですが

私はこの3月でまちかどギャラリーを卒業します。

 

 

 

 

 

SNS等で自分の気持ちを現す事に抵抗はありましたが、

最後なので。今日はフィルターを外して

今の気持ちをまるごと文字にしたいと思います。

読んでもらえると嬉しいです

 

 

 

 

2018年の秋から臨時スタッフとして働き始め、1年以上が経ちました。

 

今日は水色の服を着ています。

 

 

 

 

 

私は黒色が好きです。

何色にも染まらない黒は私を強くします。

 

 

 

心が気を失いそうな日も、隙間だらけな日も、

ここには いろんな色を持った人たちがやって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

赤色のおじいさんは歴史のある分厚い本を貸してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

紺色のおばあさんは、時々お花を飾りに来てくれました。

 

 

 

 

 

 

 

緑色のお兄さんはいつも優しい笑顔で手を振ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

オレンジ色の小学生は、会うたびに名前を呼んで駆け寄って来てくれます。

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの色が集まるこの場所での生活は、

 

私のクローゼットに色を増やしていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い返すと

 

記憶の乗り物として私は存在していました

 

 

 

 

 

 

 

つま先をどちらへ向けていいかという事すらもわからない

 

 

 

降水確率は100%なのに、

雨が降らなかった日をたくさん記憶している理由。

 

 

 

降らなかった雨として生きていくという事

 

 

 

 

 

分からないことばかりだけど

私は私の理由を、感じて

思い込んで、生きていきたいです。

 

 

 

本当に苦しいのは、理解したと思った後なのかもしれないから

 

 

最後まであきらめたい

 

 

 

そう思うものを持っていてもいい気がします

 

 

 

 

知らなくていい世界を知っても

失うものの方が多くなっても

 

 

 

 

たまにはしあわせな用事を思い出して石畳の上を引き返したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつかある自分のための場所だと思えるところ、

 

 

 

閉館間際の図書館や、雨の中でエンジンを止めた車の助手席、

 

そんな場所にいたこの日々を、とても大切に想います。

 

 

 

 

人と、モノと、色と、おいしいと。

 

 

 

 

 

 

 

私と出会ってくれた皆さんへ

 

 

 

すてきな時間を

どうもありがとうございました