現代地方譚5-想像の葦-は5つのプログラムで構成されています

 

 

○アーティスト・イン・レジデンスの成果発表展

 

○高知在住の美術作家による交流展

 

○演劇公演

 

○音楽公演

 

○地域インフォメーション発信

 

 

 

 

 

いよいよ今週、演劇が公演されます!

 

 

 

 

 

 

 

須崎に暮らす人たちの半生を

高知の劇作家さん3名が取材してうまれた物語です

 

 

取材中の風景

 

 

 

 

戦争のことや、須崎のまちが賑っていた頃のこと

とても私的なエピソードだったり。。。

 

 

 

 

さまざまな年代や、切り口で浮かび上がる「須崎のまちの物語」

 

 

 

 

出演者は公募によって集まった須崎市内外の方たちです

 

 

 

 

 

 

合同練習の時の風景

 

 

 

 

 

 

まだ少しお席に余裕がございます!

 

 

。。。ですが!お席には限りがありますので

当日券をお求めになられるより、

前売り券をお求めいただくほうが確実かと思います!

 

 

 

 

 

 

公演場所は、須崎市立市民文化会館大ホール (

 

 

 

 

【前売り券販売所】

 

須崎市立市民文化会館 tel. 0889-43-2911

 

すさきまちかどギャラリー tel. 050-8803-8668

 

 

 

 

 

 

演劇 『須崎のまちの物語』

 

 

①2018年1月27日(土) 13:30開場  14:00開演

 

②2018年1月28日(日) 13:30開場  14:00開演

 

 

 

場所:須崎市立市民文化会館大ホール

住所:須崎市新町2-7-15

 

 

全席自由 1,000円

 

 

writers

 

吉良佳晃(劇団プラセボ/劇団33番地)

 

サカシタ ナヲミ(シアターTACOGURA)

 

西本一弥(演劇unitユニット・バス/シャカ力)

 

 

 

 

Actors

 

公募により集まった須崎市内外の出演者

 

 

 

 

【お問い合わせ】

すさきまちかどギャラリー tel. 050-8803-8668

 

 

 

 

 

 

このブログを書いた人

大野 順子
大野 順子
須崎生まれの須崎育ち。
アートと、鳥と、あま~いお菓子がだいすき♪
約10年間、あま~いお菓子に携わる仕事をした後に、アートに関連するすさきまちかどギャラリーへ。
アートの魅力と、須崎の魅力をお届けしていきます!