昨日ご案内しました今週の展覧会、並びに少し前にアナウンスしていた、4月26日に計画しておりましたワークショップは残念ながら、どちらも関係各所の都合により延期となりましたー。

 

ザンネーン

 

でも慌てずに、じっくりと企画を練ってまたご案内できたらいいなと思います。

 

とは言っても、もう直にゴールデンウィーク。のんびりしてもいられない!
4月末から5月にかけてのまちかど界隈スケジュールをおさらいしましょう。

 

 

 

4/29・30
山脇厚子と仲間たちによる”自然塾”展示会
~身近な自然を切り取り、癒しの空間作り~ 

 



須崎の恵まれた自然の素材、草花、流木,小石などを使った癒しの空間の展示です。

 

 


当日は米袋で作る手提げバックのワークショップも実施いたします。
(各日先着5名、11:00~14:00~の2回、参加費600円  当日受付)

 

 

 

 

5/3〜 
須崎台場展 
復元模型でよみがえる砲台

 


須崎市にある国氏遺跡土佐藩砲台跡を検証し、須崎市所蔵の古写真や、台場復元模型、海外の資料や、そのほか貴重な文物を紹介し須崎台場の真の姿に迫ります。(5/20まで)
5/13の台場見学会参加者も受付中ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

そしてご近所のゲストハウス「暮らしの根っこ」ではこんな企画や

商店街並びに建つ、旧前田耳鼻科の建物もいよいよオープンとの噂!

 

 

 

 

 

さらにさらに連休明けにも何やら楽しげな企てがありそうなんですよ!!

こちらの詳細は続報をお待ちください!

まちかど界隈、楽しくなりそうですね!

このブログを書いた人

川鍋 達
川鍋 達
千葉県出身。美術を専門に学んだのち、ドイツに渡り、研鑽を重ねアーティストとして活動。国内外の展覧会に参加。帰国後、美術教員を経て地域おこし協力隊として須崎市に移住。経験を活かし、まちかどギャラリー運営のサポートに当たる。協力隊任期が終了後、引き続きまちかどギャラリー館長として企画・運営に従事。アートプロジェクト「現代地方譚 アーティスト・イン・レジデンス須崎」のディレクターを務める。