2022年、まちかどギャラリー最初の展覧会が始まっています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高知県立美術館で開催中の

ARTIST FOCUS #02

平川恒太 Cemetery 祈りのケイショウ

のサテライト展示となっておりまして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まちかどギャラリーでは、

平川さんの絵画シリーズ

《森の茶会》を展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

特別企画として1月8日(土)には

温かい土佐茶を味わいながら

平川さんとともに作品を鑑賞する

お茶会も開催されます。

 

 

 

 

お申し込み制となっており、

ただいま受け付け中!

 

 

 

 

●特別企画「鑑賞と対話のための茶会」[先着申込制]
日本茶インストラクターの柿谷奈穂子氏を招き、展示会場でお茶をふるまいます。作家とともに会場の作品鑑賞を行ったあと、季節に合わせてアレンジした温かい土佐茶を味わい、作品やお茶のことについて自由に語らいます。

日時:1月8日(土) ①10:00〜 ② 13:00〜 ③ 15:00〜/各回定員6名、45分程度を目安
費用:500円(お茶・お菓子代含む)
申込方法:下記リンク先、申込フォームからお申し込みください。
https://forms.gle/cSpDpTqJjd6273Hu6

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントに先駆けて(?)

平川さんとともに作品の

鑑賞をさせていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの作品のタイトルは

森の茶会-躙口(天城-春)

 

 

 

 

躙口(にじりぐち)とは、

茶室に設けられた、お客さんが出入りする

小さな入り口のこと

 

 

 

「茶室ではみな平等」という

茶道の精神から躙口の寸法は

小さくなっていったのだそう。

 

 

 

 

かつては武士も大きな刀を置いて

出入りしたそうです。

 

 

 

 

 

 

作品に描かれた木のトンネルは

躙口に見立てているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツネと、キツネ人間に誘われているよう。

 

木のトンネルを一緒にくぐれそうな気がして、

おもわず座って鑑賞してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

「鑑賞と対話のために茶会」では、

作品に込められた意図のほかに

裏話もきけちゃうかも??

 

 

 

 

 

 

 

リラックスした雰囲気で

参加できますので、お気軽に

お申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

高知県立美術館の展示は2月25日(金)まで開催されています!

 

ARTIST FOCUS #02
平川恒太
Cemetery 祈りのケイショウ
2022年01月02日[日] - 2022年02月25日[金]※会期中無休

詳細はこちらから → 

 

 

 

 

すさきまちかどギャラリーの展示は1月15日(土)まで!

「平川恒太個展 LIFE・FORM」
日時:1月4日(火)~15日(土) ※11日(火)は休館 
9:00~17:00(入場は16:30 まで)
主催:すさきまちかどギャラリー/旧三浦邸、高知県立美術館