終了

 

毎年須崎市で開催されているアートプロジェクト「現代地方譚」。

その「現代地方譚」への参加アーティストを講師に迎えて、ワークショップを開催いたします。

 

 

 

 

 

 

 

障害があるなしに関わらず

すべての方に楽しんでいただけるワークショップになっています。

 

 

 

 

 

 

 

◆内容

昔の映画で使われていた16mmフィルムに、絵具やマジック、スプレーなどで色の影をおとします(絵を描きます)。

会場や周辺を散策しながら、音をひろいます(録音をします)。

最後に、できあがったフィルムと音を合わせてスクリーンをひからせます。(上映をします)

 

 

 

 

 

 

 

◆タイムスケジュール

10:00~10:50 (音を録る)

10分休憩

11:00~11:50   (フィルムに描く)

15分 休憩(上映する準備)

12:05~12:30 上映&感想会

 

 

 

 

 

 

 

◆日時

2021年1月23日(土)

10:00~12:30(集合時間9:45)

 

 

 

 

 

◆場所

すさきまちなか学舎

 

 

 

 

◆対象

・障害がある方たち

・小学生から大人まで

・興味がある方どなたでも

 

 

 

 

 

◆定員

障害がある方、ない方 各5名

(事前予約・予約締切1/16)

 

 

 

 

 

 

◆注意事項

・汚れてもいい服装か、エプロンなどをご用意ください。(画材などは当方で用意します。)

・新型コロナウィルス感染症対策として、検温・換気などを実施いたします。

・マスク着用のご協力をお願いいたします。

・適宜水分補給をお願いいたします。

・状況に応じて、定員や内容の一部変更、開催の延期・中止などの可能性もございます。

変更が発生した場合は、ご連絡、お知らせをいたします。ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

◆講師

 

【鈴木余位(すずきよい)】

鈴木余位(すずきよい) 栃木県生まれ。

多摩美術大学在学中『はながないたらパリがくる』で、ぴあフィルムフェスティバル審査員特 別賞受賞。

その他、形而上下にエリアなしの映像•言語表現によって国内外上映•受賞多数。

2014~15年には文化庁の新進芸術家海外派遣によりアメリカ、トルコを放浪。

近年は、自身 の表現の出自である詩と、映画の交感の坩堝へと歩きはじめている。

近作に『フィルム石磨き フィルム石置き去り』(オブジェ+朗読)、『怪物君』(映画化)など。

詩人•吉増剛造や、画家•石田尚志 などとの領域を横断した恊働•共作もある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【KOMAKUS(こまくす)】

「重力の束縛から魂を解放する」ことを目的として活動。

手段として、マルチチャンネル音響設計、音源制作、オリジナル サウンドシステム開発を専門とし、

商業施設から、コンサート・ライブ、演劇・美術の分野では鈴木昭男、吉増剛造、刀根康尚らの作品の音響設計を

手がけるなど、音響環境の深化に取り組んでいるチーム、WHITELIGHTから派生。

2019年からKOMAKUS名義で活動を開始、脱中心的な音響空間の創造を各地に仕掛ける。

東京都現代美術館 MOTアニュアル2019 Echo after echo において作品を発表。

 

 

 

開催日2021/1/23
開始時間10:00
終了時間12:30
料金無料

イベントフライヤー

  • %e3%80%90%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9-susaki-%e3%80%91%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%80%e3%81%b2%e3%82%8d%e3%81%a3
  • %e3%80%90%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9-susaki-%e3%80%91%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%80%80%e3%81%b2%e3%82%8d%e3%81%a3